このブログを検索

コラーゲン(コラーゲンペプチド)は、糖分・脂肪分を含まない純粋なタンパク質であるため、ダイエット中のタンパク質補給源としても最適です。

ダイエットを助けるコラーゲン

ゼラチンは純粋なタンパク質の補給ができます。
健康食品に使われているコラーゲンペプチドは、タンパク質の補給としてだけでなく、カラダの調子も整える働きも担います。いずれも、ダイエットを継続することを助ける食品成分です。

コラーゲンと言っても、分子の大きさで働きが変わります。おすすめはコラーゲンペプチドです。

ダイエットを助けるコラーゲン

食事にプラスしてタンパク質補給

「しっかり食べて痩せるメソッド」を身につけるため、体重の数値と同じグラム、つまり体重60kgの人なら、1日に60gのタンパク質を食べることが勧められていますが、毎日、それだけのタンパク質を摂るのは大変です。
また、タンパク質を多く含む肉類などの食事では、脂質やコレステロールを摂りすぎる心配も。。

そこで、タンパク質補給として「ゼラチン」「コラーゲンペプチド」が役立ちます。
「ゼラチン」「コラーゲンペプチド」は純粋なタンパク質で、糖分、脂肪分ゼロ、コレステロールやプリン体もほぼありません。つまり、ダイエットの邪魔にならず、良質のタンパク質が摂れるわけです。

しかも、コラーゲンペプチド100%粉末はアミノ酸として吸収されたものがタンパク質補給になるだけではなく、コラーゲン特有のアミノ酸が結合したペプチドの形でも吸収されてることで、様々なカラダの調子を整えてくれます。

コラーゲンペプチドのはたらき
POとOG

さまざまなペプチドが吸収される中で、アミノ酸が2個つながった「PO」「OG」という成分が細胞を活性化させて組織を修復することがわかりました。

筋肉とコラーゲン

アミノ酸として吸収する部分はカラダの材料となるタンパク質補給になります。

1日に5g~10gを目安に続けましょう

毎日コツコツ取ることで、カラダにコラーゲンペプチドをキープ。常に細胞に活性化の指令を送り続けることができます

コラーゲンペプチドと活性化

ここが知りたい!コラーゲンペプチドの疑問

Q1.食品形態によって効果は違うの?

A.効果は変わりません!

「粉末」「ゼリー」「錠剤」「ドリンク」など、生活スタイルに合ったものを毎日続けることが大切です。

食品形態によって効果は違うの?

Q2.原料によって効果は違うの?

A.効果は同じです!

効果に大きな影響を与えるのは、原料ではなく製法や加工方法です。

原料によって効果は違うの?

Q3.いつ摂ればいいの?

A.いつでも大丈夫です!

毎日続けやすい時間に摂り入れてみましょう。

いつ摂ればいいの?

Q4.摂りすぎるとどうなるの?

A.たんぱく質なので、問題ありません!

ただし腎臓・肝臓が弱い方は、負担になることがあるので、かかりつけのお医者様にご相談ください。

摂りすぎるとどうなるの?

ダイエット時の不調の予防に

1.肌荒れ対策に

ダイエット中に肌が荒れてしまう、という話がよくあります。

ダイエットによる栄養の不足や代謝の低下、ダイエット効果があらわれないことへのストレスなどの原因が考えられますが、せっかく痩せることができても肌が荒れてしまっては、気持ちがさがってしまいます。
健康を損なわないダイエット(継続できる正しいダイエット)が基本ですが、肌荒れ予防策として「コラーゲンペプチド」補給が役立ちます。

★もっと詳しく!コラーゲンと肌

2.髪の毛、爪をキレイに

ダイエット中に髪の毛がパサパサになり、爪が割れやすくなったという話を聞きますが、それを防止するために「コラーゲンぺプチド」補給が役立ちます。

★もっと詳しく!コラーゲンと髪・爪

3.骨を丈夫に

骨密度が下がってしまう場合があります。すっかりスリムな体型になったと思ったら、なんと骨までスカスカになんてことにならないために「コラーゲンペプチド」補給が役立ちます。

★もっと詳しく!コラーゲンと骨

ダイエット時の運動をサポート

1.関節のケアに

ダイエットで減った体重を維持するためは「運動」や「日常の動作」が重要と言われています。運動や日常の動作を増やそうと思っても、「関節が痛くてスムーズにカラダを動かせない」「運動後は関節が痛くなる」という時には「コラーゲンペプチド」補給がお助けします。

★もっと詳しく!コラーゲンと関節

2.筋肉を増やすことに

筋肉が減ると、太りやすい体になってしまうそうです。逆に、筋肉を増やすと代謝がよくなり、エネルギーをよく使うようになってダイエットにプラスとなります。
筋肉を増やすためには運動が基本ですが、「コラーゲンペプチド」補給はそれをサポートします。

★もっと詳しく!コラーゲンと筋肉

文責:コラーゲンナビ運営事務局 小田義高

メニュー